--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-18

映画「軽蔑」

今まで見たい見たいと思いながら、
なかなか見る機会がなかった初BB(私の中では)
以下とても子供的な感想文になります

ゴダールとかって、ちょっと粋がった?学生時代とかに
ちょっとおされかなぁ=っと見てみる時期ありませんか?
そんな時期に「勝手にしやがれ」とか「気狂いピエロ」とか見てました。
「軽蔑」は初めて。
今になってみると、私がきっと子供なのだろう、
のぺーっとしたつくりなんですね。
大人な印象。

本当は熱い愛なんだろうけど、ゴダール風解釈なのか
フランス人というファクターなのかしらないけど、
なんともクールな印象であります。

カミーユ(BB)は本当はポール(ミシェル ピコリ)のことが好きだったのだろう(と信じたい)
心変わりする女性の心なんでしょうか。
それにしてはアメリカ人プロデューサーのプロコシュはBBが惹かれるほどの魅力があるようには思わなかったりして。
クールなポールといると、スケベな典型的アメリカ人みたいなイメージのおっさんが魅力的に感じるというのを単純にあらわしているのでしょうか。。。

それとも、ただただ、軽蔑までに至ったポールの元を離れたかったからなのか。
それが一番近いような気がするな。
女心と秋のそらぁ~~~~~
物語は淡々と進むのでありました。
価値観の違いで、それも美学なのだろう。

映像は確かに美しいです。
色も、芸術的といいますか、白っぽいバックに赤、黄色と
とても印象的でありました。
ただ、私みたいに熱いタイプにはクールすぎた映画でした。

ミシェルピコリのソフト帽にダブルのスーツ、細身のパンツは、
かなりかっちょよいです

軽蔑 軽蔑
ブリジット・バルドー (2003/01/30)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る



軽蔑(デジタルニューマスター版) 軽蔑(デジタルニューマスター版)
ラウル・クタール (2005/06/24)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chillys

Author:chillys
いろいつぶやいてます

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。