--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-17

憧れの人に会いに行ってきた・・

憧れの人。

かなり以前からの。

かなり大好き。

でも、こんなに近くに居るのに、
初めてお会いしたの。

もっと早く会っておけばよかったな。
まあ、近いから、またいつでもお会いできることがわかったけど。









残念ながら?
かなり年上の方で、少し残念だ。

だって



もう、

















お墓の中なんだもの~~w




手を合わせて写真撮らせていただいたよー
柳生十兵衛さまぁぁぁ
IMG_0755.jpg
でへへw

奈良宣伝@大和郡山支部隊長としてはウソウソ
今まで行きたい、行きたいと言ってながら行った事なかったッスヨ。
「柳生行ってみる?」と言われたら、
行く!しかないでしょ。

奈良市内から車ですぐなのに、もうそこはどこ?というくらい山深くて
すごーーくよかったぁ~
目的は芳徳寺と資料館。
資料館にちょっとした事情wで行けなかったのと、十兵衛杉の写真が撮れなかったー(涙
のが残念だが、芳徳寺と一刀石を見れただけでもお腹いっぱいw

この芳徳寺は苔むすというか、
侘びさびというか、
まったく派手さはないねんけど、なんだか心がリーンとする美しさがあった。
今の時期はめちゃくちゃ静かやしね。
風がそよそよしてて、ここから少し行ったら奈良市内とは思えないくらいだった。

野牛咳秀才
↑・・・・すんばらしい変換ですなw
柳生石舟齋のために建てられたお寺。
ここをあがって行く。
IMG_1984.jpg
かまきりとの遭遇。
ちなみに、私はかまきりとかバッタとか好きなのね。
彼らも見てて飽きない。
IMG_1990.jpg

IMG_1995.jpg

IMG_1991.jpg

IMG_1996.jpg
今、これ読んでマ
IMG_1998.jpg
ま、これはこのお寺のイメージとは違うんだけど、
読後またUPするとして、
武蔵といい、時代がかぶるのがおもしろくて。
沢庵和尚とか。もーー楽しい♪

十兵衛筆の「月之抄」
IMG_2001.jpg

IMG_0742.jpg
が拝めるw
ファンだったら興奮するっしょw
写真撮影不可となかったから、写真撮らせていただいたけど、
マナーとして、フラッシュ禁止で撮ったよ~
新陰流の絵図解入りってのが・・・w
IMG_0751.jpg


一刀石、柳生おとっつあんが天狗と試合をして、天狗を切ったと思ったら、
この石を切ってたという伝説の石だそう。

一刀石へは、結構山に入ることになるので、
スニーカーをオススメします。
虫が顔の周りにかなりウザイし。
虫嫌いの方は虫除けスプレーもw

地味ながら、気に入ってるの。
これ。
柳生秘帖・風の抄 (秋田文庫)柳生秘帖・風の抄 (秋田文庫)
(2004/10)
古山 寛谷口 ジロー

商品詳細を見る

現地に行ってから読むとまた読後感が違う。

しかし、野牛犯・・・・・

だから違うってバ
柳生藩屋敷跡と、十兵衛が植えたらしい十兵衛杉を拝むことができんかった・・・
うーん。

今度は秋に、温泉目当てでまた寄るかという話で帰ってきたのだった~
月ヶ瀬温泉とか、笠置温泉とかあるのでね。

いろんな時代が垣間見れて、
奈良住民でよかったなーっと思うのであった。
なんか、ナツのメインイベントの加賀藩より興奮してた私がいる・・w
しかし、沢山ある墓があるのに、十兵衛の墓の上にお賽銭が沢山のっているのには
なんだか笑ってしまった。
おとっつあんとか、兄弟の墓にはないのに・・・w
やっぱり一番人気なのねw
スポンサーサイト

theme : 国内旅行
genre : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chillys

Author:chillys
いろいつぶやいてます

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。