--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-07

刺青/秘密:谷崎潤一郎

タニジュン読了。

だから

短縮形ってば。

タニジュンは
痴人の愛 (新潮文庫)痴人の愛 (新潮文庫)
(1947/11)
谷崎 潤一郎

商品詳細を見る

を読んだだけ。

ほとんど再読しない私が読んだ。

2度読むという快挙???

滅多に読まない文豪。

でも、私らしいチョイスかもしれん文豪。


今回、
刺青・秘密 (新潮文庫)刺青・秘密 (新潮文庫)
(1969/08)
谷崎 潤一郎

商品詳細を見る

を読んだ。
それも、前半を電車の中で。

嗚呼

淫靡。

素敵な淫靡。

電車の中で読むには刺激的すぎますか。

そして、自叙伝。

私の周りにいたら、かなりウザイかも・・・
正直でしょ、私。
でも、才能ってすごい。

めくりめく
イメージの嵐。

本でよかった。

違う、
活字でよかった。

活字から生まれる想像というインモラルがさ。
活字自体が淫靡なニホイを醸し出しているようにさえ感じた。
言葉の選び方かもしれん。

初期の作品とは思えませんわ。

私的なイメージも強いので、
わかりにくいところもあるけど、
私もどっちかーっつーとそういう感じの人なので、
なんだか、そんなところにも共感いたしますのです。

全部読もっと。

でさ、

なんとう偶然な。

前回UPのジャンゴ。
もう、小説のイメージとぴったりザンス。

人によってはBGMは邪魔という人もいるだろうが、
私は案外、読んでるものによってBGMを替え、
想像力を高めようとしたりするもんで。

今回は、はまりすぎて怖かった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chillys

Author:chillys
いろいつぶやいてます

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。