--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-13

映画「ブロークバックマウンテン」

ひとつのテーマを丁寧に、丁寧に描いてて好感が持てた。

ストーリー的には
こんなもんだろなという予測はつくものの。
ブロークバック・マウンテン [DVD]ブロークバック・マウンテン [DVD]
(2009/07/08)
ヒース・レジャージェイク・ギレンホール

商品詳細を見る


しかし、私はイラッとするね。

とはいえ、状況を考えると仕方のない話なんだけど。

私の知ってる人たちで、
同じく、どこへも進めなくて、八方塞で、
ただ時間がたってるよ!って人がいる。

それを思い出した。

一歩進んでもいい世の中であれば。

嘘をついて傷つくのは本人だけじゃなくて、
関わった人たちもそうなんやし。

例外で、つかせて、お願い・・・な嘘もあるねんけど。
それはそれで苦しいんやけど。

ただ、ちょっと違うことで思い出してたこと。

悩みとかココロのちょっとしたこととか、
困難とかは、その状況になってみないと、
本当のところはわからないんやなっと。

でも、それを想像することは出来るんやないん?
やっぱ。

すごい小さいことやけど、
これを思い出してた、
ベビーカーを押して道をあるいてて、
ほんのちょっとの段差が実は上がれない。
昔、フタゴちゃんのベビーカーを押してる方を見て。
かなり遠くにいたから助けることもできなかってんけど、
めちゃくちゃ苦労されてて、、、
まさかとおもうことやもんね。
あの少しの段差がネックなんて。

まあ、こんなことはそこらじゅうに転がってるはなしやけど。

本当は書きたくないけど、
平気でいろんなことを聞いてくる人。
子供に当たり前のようにずけずけといろんなことを聞いてくる人。
まあ、その人には悪気はないのかもしれんのが。
そのたび何気に傷ついてたりするねんけど(涙

今日はとあるところへ出かけた。
子供を連れて行った。
子供の事を書こうかどうしようか迷ったけど、
きっと、この先生なら何も聞いてこないだろうと思い。
やっぱり何を聞かれることもなく。

心の中でちょっとほろっと(涙
なんでこういう考えをせなあかんのか自分でもよーわからんし、
情けないなと思うねんけど。
ちょっとありがたかった。

実を聞くと、
きっと私に「それは変!」って怒ってくる人が絶対にいる。
わかってるねん。
ほんまのほんま。

でも、私の中ではそれが精一杯やねんね。
どうしようもないねん。

でも、胸張って生きていくように、
がんばれるようにしてるつもりやねんけど、
なかなか難しいねんな。
これがさ。
結局、そこは私の弱さやったりするねんけど。

想像力で出るやさしさがもっと世の中にあふれますように(祈





スポンサーサイト

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chillys

Author:chillys
いろいつぶやいてます

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。