--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-02

映画「グローバ・ルメタル」

存在は知ってた。
この映画、じゃないか、ドキュメンタリー。
でも、なんか、くやしくてw見る気がせーへんかったわ。

だって私がやりたかった部分を押さえてたから。

とか言って、私がドキュメント撮れるわけないねんけど。
でも、とうとう今日みっけて、みてしまひましたわ。。。。。
グローバル・メタル [DVD]グローバル・メタル [DVD]
(2009/02/27)
METALLICAIRON MAIDEN

商品詳細を見る

欧米以外のヘヴィメタルシーンを捉えたドキュメント。
私は今はメタルとかって全然聴かへんねん。

ほんまは。

でさ、映画も正直、全然 カッコ断定カッコトジル 期待してへんかってん。
でも、めちゃくちゃ真面目で、
私の知りたいことのツボも抑えてて
やられたーって感じ。

欧米の一部のマニア以外には衝撃な映像やったかもね。

私はとにかく人と違うのが好きとかいうのが
どっかこそっとキホンにあるんで、
昔はトレーダー(アンダーグラウンドなバンドのデモテの交換)みたいなんもやってたんで、
インドネシアとかブラジルとか。
そうそうって思いつつ見てた。

まあ、メタルやロックやなんかを好きな人が見るほうが
わかりやすいし、肯定的に見れるんちゃうかなとは思うけど。

欧米以外それは作ってる彼自身がメタルファンっていうのが大きいんやろう。
ヘヴィメタルへの愛がつまってる感じがしたよ。
いわゆるメタルって日本じゃどっか笑われる要素があるようで
(私にはそういうのは理解できんが)
そういう人からみたら
きっとやっぱ笑っちゃうんかもしれん。
でもそれはきっと違うと思う。

どこから書けばいいか、なんか熱くなる私やわ。
つーか、書きたいことが多すぎる。

何度かココでもUPしたと思うけど、
私も昔バックパッカー旅してたときには
バンド見たり、モンゴルではインタビューしてみたりしてんよねー(遠い目)
ちゃんとした記事に出来なかったのには
自分でも後悔と、
時間を割いてもらった申し訳なさとを時々思い出してみたりもしてる。
まあ、メジャーの誰とかいうわけでもないし、
期待もしてなかったと思うけどw

タイにはメタルバンドを聞かせてくれるパブみたいなんあって、
でも、行ってみたけど、
客が私と友達しかおらんねんw
1バンド目が女の子が歌っててさ、
バンドTがクリエイターやねん。
嬉しくなってライブ後に声かけてんけど、
私のつたない英語でさえ理解してくれへんかってんw

それから次のバンドのニーチャンにゴハンおごってもらって
面白かったなー

ほんま。

なんかやたらと熱かった私。

とりあえず、バンドTとか着てると分かり合えるw

当時の私は
映画イレイザーヘッドのTとか
ジミのTとか着て旅してたから
今思うと若いなぁ・・と(爆

でも、そのTが音楽仲間を呼び寄せたのもタビタビで(ダジャレ?汗)

それを思い出し、映像を見、
その当時に思ってたことを思い出させてもらった。

とりあえず、日本人としてのアイデンティティを持ってみると、
宗教感を持たずに音楽を聴ける自由に感謝というとこやわ。

何が人を助けるのと同時に
ボーダーとなってしまうのかは
宗教やと思うから。
ただ宗教問題は一言では片付けられんから、
ここではかけない問題やけど、
音楽が宗教を超えてるのは
ほんま嬉しいことやわ。

前も書いたことあるけど、ネパールで、ロンゲでバンドやってるいわゆる
日本にも普通にいる男の子たちが、
ヒンドゥー教徒であったりで、礼拝する姿とか見てきたから、
すごくよくわかる。

前も書いたことあるけど、
同じくネパール在住のチベタンは大のガンズファンで、
見せてもらったスクラップブックには
大量のガンズの切り抜きが貼ってあった。

当時は私たちみたいに、なんでもすぐに見れたり、
情報を得たりできる状況でもなかったので
(今ではネットがあるから状況は少し違うと思うけど)
そんな中でだと、きっと私達以上に熱かったんじゃないかと
想像したりするんよ。

自由って何ものにもかえられないと改めて思うわ。

音楽がポジティヴに発散できるツールであるって言う言葉もよかったし。

何がポジティブに感じられるかって、ヘヴィメタルっていうファクターが
どこか一体にさせてくれるんやろかと。
パンクだったらそこにまた若干ボーダーが生まれるんやろかとか。

とりあえず私は雑食性動物なので
パンクもメタルも何も関係なく、
「自分の好きなもの」が基準なんやけど。

個人的には少し前に知った”アイアン・メイデンのインド公演”
ここでUPされてるのは知らんかったわ。
なんか意味なく泣きそうになったわ。

規正なく、
宗教もありつつ、
お互いを尊重できる
世の中にもっとなるように。
小さいながら祈った。
ほんま私はラッキーやね。

そうそう、
日本に関する部分も同じ日本人ながら
なかなかよく分析されてると思ったわ。

ちなみに私はビジュアル苦手な人やしw

そこです、そこw

嗚呼
私もインドに行ってライブ見て~~~っ!!

スポンサーサイト

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chillys

Author:chillys
いろいつぶやいてます

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。