--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-06

映画「ヴィレッジ」見た

ヴィレッジ ヴィレッジ
ホアキン・フェニックス (2006/07/19)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


なんとな~く見たいなと思ってたんで勢いでレンタル。
以下ネタバレ含むのでこれから見たい方は読まないでね。

雰囲気はよかったな。
一つ前に見たポアゾンが時代物だったので、似た部分を比べると
こっちのほうが断然雰囲気もカメラワークもよかった。
肝心の話は、サスペンスタッチだと思ったら、若干のミステリータッチ。でも、途中でそのどんでん返しはある程度分かってしまった。

孤立した村がなぜ孤立してしまったのか。
外部を拒絶した村。
その謎は・・・・
こんな風に現世界を拒絶した村っていうのは私達には想像しにくいところですが、あのアメリカにも、アーミッシュ(←ウイッキペディアより)という現代社会と拒絶した人たちがいるので
案外あるかもれないと感じてこの映画を見れるひともいるんだろうな。

目の見えない女の子っていうのもキーポイントだったのね。
最後の結末にとって。
目が見えないから村の存在も存続していける。
お父さんもそこを見越して町に行かせたんだろうけど、
でも、盲目の彼女が森を抜けるのは普通無理でしょう。

最初、彼女が盲目に見えなかった。
演技のせいだろうか。

黄色いマントに赤いマント、狼、赤頭巾イメージを持ったのは私だけ?

精神障害者の男の子は狭い村の中で生まれた近親相姦の結果だろうか。
謎は謎のままで曖昧だけど、小説だったらもう少し細部にこだわれたのかも。
でも結果としては可もなく不可もないってかんじかな。
中途半端に感じるのは深みがなかったってとこでしょうか。
映画もなかなか難しいですねぇ~
そうか、ホラーやサスペンス、ミステリーと思ってみるとダメなんです。人間ドラマとみればOKなんだと思います。
ただ味付けがサスペンスチックなんでそれが中途半端なんだろうね。
最初の全ての話は前フリで(長っ)
残された村の行く末を考えるとぞっとする・・そこがサスペンスなんだと思います。
**追記追記追記**
気になってこの映画のことを検索してみましたが、
ど~も、私も普通に映画の読み違えしているように思われます。
それが何かいまひとつわからないです。
以前公式HPで「ヴィレッジ」を読み解くための7つのWhy?
という項目があったそうですが、今はなく、手がかりもありません。
キーワードに1897年に死んだ男の子ってあったんだけど、
どう関係あるの?私ってばか?何がどうからんでたの?
もう一度みようという気もおこらないでしょうし、
この心のモヤモヤを誰か晴れしてほしいっすうう( ̄。 ̄;)
そう思うと結構謎だらけの映画です。
もう一度書きますが、サスペンスやホラー、ミステリー映画ではありませんのでご注意を。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chillys

Author:chillys
いろいつぶやいてます

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。