--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-12

映画「海と毒薬」

たまたま横を通りかかったので・・・
海と毒薬 デラックス版海と毒薬 デラックス版
(2001/12/21)
奥田瑛二渡辺謙

商品詳細を見る

戦争の罪は勝った側とか負けた側とかほんま関係ないねぇ。
戦争中、人体実験をしていた九州の医大のお話。
いろんな側面を持ったお話でおもしろかった。
戦争であり、医学であり、人間の罪であり。
とりあえず手術シーンが白黒なだけに余計になまなましかったっすよ。
狙い通りっすよ。

捕まった医師の卵の学生(渡辺謙さん)の一人がアメリカ側軍人(岡田真澄さん)に尋問を受けてるときに
言うセリフ。
はっきりとはかけないけど、戦争中に死体を見ても何も感じなかったのと、自分が人体実験で何も感じないのと違いはあるのか。の、ような。

違いはないよね。

白い巨塔も見てたけど、大学病院って昔も今もあんな感じなんやね。
今も医師を目指してる人も人助けと思ってる人はまれらしいし。

昔のうわさで、「壁に耳アリ」といって黒板に耳をはりつけて退学になったなんてのもあるけど、
程度はかわらんらしい。

人のためとかみんなのためとかのきれいごとはダメなのだろうか。。。
とまた頭を抱えてしまうわ。
きれいごとはざれごと?????
どお??

今やってるCMで、
イギリスはマナーのある国だ・・みたいなのあるやん。
確かにびっくりしたこともあった。
住宅地で車一台やってくる。
周りは私たちだけ。
車が行過ぎるのをまってたら、なんとその一台の車が私たちのためにとまってくれた。
さすがにあの時はすごいな~っと思った。

でもさ、それは話それ男として、
私的には次の人にドアを開けておくなんてのは当たり前・・・なんやけど。
入ってくる人、出て行く人のためにエレベーターを少し押しておいてあげるもの
当たり前なんやけど。。。。
これはモラルという範囲まではいかないとは思う。
たいしたことが出来ないから小さいことはやろうと心がけてる。

以前、エレベーターで閉まりかけのときにボタンを押してあげたら
相手は、割と怖そうそうな人だったwwんだけど、まさか開くと思ってなかったみたい。
でも、ありがとうと言ってもらえた。私もなんだか嬉しかった。
そんなんでえーんちゃうんかと思うねんけど。
これもきれいごと?

年齢性別問わず、モラルが低下しすぎっすよ。
若いものより年のいった人がすさまじさがしUPしてきているような気がする。
この国はどうなったんだろうと思う。
最近かなりびっくりしたのが、
本屋さんの平台の本の上!!!!に大きな荷物を置いて立ち読みするオバサマ。
買った後の商品を入れる台の上にどっかりおしりを置くおじいさんん。。。

人の振り見てわが振り直せってか?
きれいごと好きってか?
いいねん。
やっぱ、自分は自分のできる範囲のことをするわ。
スポンサーサイト

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chillys

Author:chillys
いろいつぶやいてます

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。