--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-25

映画「善き人のためのソナタ 」

歴史を知ることは経験することと似ていると思う。
過去は変えられないけど、そこから学ぶことはできる。
そこが過去のいいところかもしれない。

決して歴史モノの映画ではないけどね。
善き人のためのソナタ スタンダード・エディション善き人のためのソナタ スタンダード・エディション
(2007/08/03)
ウルリッヒ・ミューエ

商品詳細を見る

こんな風に旧ドイツを描くこともできるんだという感じ。
なんとも静かに流れるソナタと言う感じ?

決してお涙チョーイ的でないのがいい。

共産側のスパイする男が冷徹そうでありながら
時折人間的匂いをさせるのがいい。
売春婦とするSEXがシャツを着たままの上、
(仕事の立場上っていうこともあるんだろうけど)
いかにも当時というような設定の女にもう少しいてくれと懇願するのとかね。
さみしい男やん。

揺れ動く男心。
何が人を動かすのかわからんな。
洗脳かもしれんし。

そのゆれる男心が敵であるはずの作家を助けたんだなー。

何が人を幸せにするのか。
自由の意味であるとか。

今の時代では計り知れないものがある。

あのような状態で、誰が一番得をするのか。
幸せでなく損得しかない。

作家がこんなクソ(政治家)に操られてた?
ちょっと正確なセリフは忘れたけど・・
なんて今もさしてかわらないやんとか思って笑って(苦笑)してしまった。

だれが得してだれが損するの?

誰が幸せを感じてだれが不幸せを感じるの。

みんなが平等なんて世界はありえないとして、
それを人工的に保つなんていうのは夢の世界んだとおもうわ。

とりあえず女は怖く、現実的なのはいつでもそうなのねと思ったりしてw

映画的には、芸術家と国家の戦いに思い入れしにくい面もあるけど、
静かにながれる音楽のような側面はこの映画の良い点であるのも事実なので
素直に受け入れようとおもうw

スポンサーサイト

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chillys

Author:chillys
いろいつぶやいてます

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。