--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-29

静けさや岩にしみいる蝉の声

少し前から気になってることがある。

新聞で松雄芭蕉の名前を見てから。

外国の方が松尾芭蕉の研究をしてるというちょっとした記事を読んでから。

芭蕉のことは有名な句をしってるくらいやし、
俳句にもさして興味はない。

でも、最近映画を見るたび、感想を書くたびに思い出すのがこの句。

「静けさや岩にしみいる蝉の声」

有名すぎていうこともないね。

興味なかったから今までは何も感じなかったけど、
最近思うこと。

岩にしみいるねんよね、声が。。

すごい表現力やな。

それが感じられる、感じられないって何が違うんやろと・・・・

その辺を欧米の映画を見てて思い出すの。

頭の中の感じ方が大きく違うのはなんでやろうと。

ま、結論はいいねんけど、

歴史も大きく関わってきたりするのかもしれない。

侵略、抵抗を繰り返した事実だったり、
島国根性で、他と上手くやっていかないといけない事情だったりてのもあるだろう。

ただ、私は染み入ることを感じられる人でよかったなと思う。

そうそう、少し前にパキスタンのブット元首相が暗殺された。

かなりビックリ。

亡命から戻ったとこやったやんねぇ。

運命を感じた。

そういうこともあるんやなぁ。
彼女を見ていつも感じてたけど、
ココも、インドと、南アジアとかって普通に日常は男の世界って感じがしてるのに、
なんで女性が支持されてたのかな。
お父様からの支持なんでしょうけど、
よくわからないものが書くことではないけど(詳しくないし)
よく知らないものからするとすごく不思議。
ただ一つ思うのは武力では何もかわらないと思う。
そういう世が少しでも変わりますように(祈
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chillys

Author:chillys
いろいつぶやいてます

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。