--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-30

映画「インファナル・アフェア」

オホホ
みましたざ~ますわよ
ディパーテッドの元ネタ。
ネタバレ。
よかたです!!
インファナル・アフェア インファナル・アフェア
アンディ・ラウ、トニー・レオン 他 (2006/07/19)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

なるほどなぁ=っとおもったことや、そうかと思ったことも。

まず思ったのが、
原作本を映画化したときに、
原作を先に読むか、映画を先に見るか。
または、原作を先に読んでて、映画化を見たときの気持ち。。。
みたいなもの。

元ネタの1作目(続きができてたのなんてしらんかったわぁ)だけでは、人間関係がわかりにくい部分が、
スコセッシ版では、簡潔に、かつ、わかりやすくなってたのが興味深かった。

元ネタを先に見てたら、きっとその辺は気にならなかったんだろうけど、ディパーテッドを先にみちゃったからなぁ。

それから、やっぱり感じたのは、スコセッシ。
最近の作品は、、、なのかもしれないけど、
ギャングオブニューヨークも同じく、
ボスの描き方が似てる。

インファナル・・のほうがすべてにおいて現実感と、後味感と
哀愁が。
そこはアメリカ人と香港人(アジア人)の感じ方の違いなのか、
スコセッシのアプローチの仕方の違いかな。

最後のほうで、ボスを撃つ時も、
アンディラウとボスはほとんど会話がなかった。
撃った後の一言のみ。

アメリカではそれは通じないんだろうな。
言葉では言い換えれない感情とか。

それは日本人の中にもある、
多くを語らず、みたいなところに近いのかなと。

芸も細かいし、こころの動きも私はコチラの方が好み。

ラストは決定的に違う。
どちらがいいとは言いがたいけど、
両方見ると、スコセッシ版のほうが、ちょっと無理があったかなとは思う。

2人の関係がもう少し密に描かれてれば、
個人的には香港ノワールのほうに1票。

よいです♪

ただ、その後に
インファナル・アフェア II 無間序曲 インファナル・アフェア II 無間序曲
エディソン・チャン、ショーン・ユー 他 (2005/03/02)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

とか、
インファナル・アフェア III 終極無間 インファナル・アフェア III 終極無間
アンディ・ラウ、トニー・レオン 他 (2005/09/21)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

とか、人気だからボックスまでww
インファナル・アフェア 3部作スペシャルパック【初回生産限定】 インファナル・アフェア 3部作スペシャルパック【初回生産限定】
アンディ・ラウ、トニー・レオン 他 (2007/01/17)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

ってのはどうかな?もし??
ボックスはともかく、
「2」が出てるのしらなかったけど、予告を見てたら、
2人の関係とか、警視とボスの過去とか詳しく描かれてるようで。
ディパーテッドはその辺をうまくミックスしたのね。
ちょっとずるいかもww

スポンサーサイト

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chillys

Author:chillys
いろいつぶやいてます

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。