--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-01

本「ピリチュアルにハマる人、ハマらない人」

とある本を探しに図書館へ。
タイトルに惹かれて借りてみた。
スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 (幻冬舎新書) スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 (幻冬舎新書)
香山 リカ (2006/11)
幻冬舎

この商品の詳細を見る

私はどっちもの人。
香山さんが書かれてることもよくわかる。
でも、不思議なことや、とりあえず、自分の頭の中だけでは収拾のつかないことも好きだから。
だから私は中途半端なんかなぁと思ったりもするんやけど。
ま、その辺は私の中では収まってるからいいんだけど。

宇宙人も、UFOも好きやし、
パワーストーンとかも好き。
だけど、公でやたら宗教感を持ち出して、
押し付ける(自分の中で収めるのは全然OK)のはちょっととか思うし。

本の中で取り上げられてた某書も読んだことあるし。
結構好きだった。
今は読み返したりはしないけど。

一番どん底だったときには、
今思ったら、何でこんなん買ったんや?
と思う、某超有名自己啓発本まで買った。
チョットハズイ。。。。。(アセ

どっちでいいやんっ・・っていう作者にとっては一番やっかいな
タイプかもしれん、、、、私ww

例のテレビ率が多くなったスピリチュアリスト?批判本って感じなとこも。
わかりやすく書いてあって、とっても読みやすい。

スピリチュアルというわかるようなわからんような言葉で、煙に巻くような風に世間をもっていくのに警鐘を鳴らしたいってところなんだろね。

確かにスピリチュアル子育てっていっても
私はアホや~って笑ってしまうだけだけど、
はまる人ははまるんやろうし。

かなりの部分には理解できるものの、
ちょっと理解できなかたったのは、
最初から後半にかけてはそういう、
スピリチュアルな方へ行くのに
警鐘を鳴らしておきつつ、
最後の方には、その中心となるような人を擁護してるようなところがあって、
結局どっちなんって感じも。
そこに説得感が薄れたりして。

あとがきにも。
その辺が残念。

自分を持ってこれって主張を貫くのってこういう賢い方でも
難しいのかな。




スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちわ

結局はこの本もスピリチュアルブーム乗った便乗本ってことですかね?

多摩ピエロさん
うーん、どうでしょうか。
確かにそういわれても仕方ないかなww
でも、スピリチュアルな方面にはまる人って、
小難しいものは読まないとおもうし、
そういう人で、悩んでる?人向けには丁度いいくらいの読み物で私はアリかなと思いますが。
好き嫌いは別にして。
プロフィール

chillys

Author:chillys
いろいつぶやいてます

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。