--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-16

映画「フルメタルジャケット」

忘備録。
これで何本目かな、戦争映画。
4本目かな。

これだけ戦争に限って見てみると、
いろいろ考える部分、見てる部分も変わってくる。
映画的に見るってことね。
ま、アホな私ではうまく説明できないけど。
フルメタル・ジャケット フルメタル・ジャケット
マシュー・モディーン (2006/12/08)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

キューブリックの戦争映画ってピンとこなかったけど、
前半の、男の子が狂っていく様子と、
彼の表情が、まるで「シャイニング」のニコルソンって感じ、
私的にはやりすぎ感。

その戦闘前の訓練シーンが長いので、
これは戦闘シーンなしの戦争映画かと思ったくらい。

訓練シーンの彼の様子は表情だけじゃなく、
演出も、なだかサスペンス映画きどりでいやだったなぁ。
生なましさは感じられない。
そこがキューブリック節なのかも。

今まで見た戦争映画、
「ディアハンター」
「プラトーン」
「プライベートライアン」
で、
「フルメタルジャケット」
それぞれに個性があるな。
やっぱり映画を見て戦争を知るっていうのは違うと思うんだけど、
ドキュメンタリーや本、写真を見たときに感じる想像力や、
リアリティを感じる手助けにはなっっているよう。
戦争映画を見て心の動きや、メッセージ性とかはあまり考えたくない。
それは監督の思いだろうから。
あくまでも客観的に見たい気がするんだよな。
私は。



スポンサーサイト

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chillys

Author:chillys
いろいつぶやいてます

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。