--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-30

旅をするということ

なんと本日2度目日記ナリ。
ネイティヴアメリカンのCDを探してて、
ネイティブアメリカンの本を多数だされてる
北山耕平さんのブログを発見。

旅についての記事があったので。

私は旅がすきだ。

今は海外旅行なんて夢また夢なんて具合になっちまったが。

それでも細々と国内旅行をしてる。

子供も、お泊りというだけでうきうきするらしく、
その様子をみるのは大変楽しい。
旅館やホテルではまるで修学旅行のようにはしゃいだりww

で、思うのが、
人間は一度は旅をせねばいかんのではないかと。

特にオススメは海外。

なぜかというと、自分の考えや価値観を変えてくれるものと遭遇できる機会があるから。

ココ(日本内)で悩んでる人も一度。

ああ、案外自分ってちっぽけだったんだと思う瞬間があるから。
(自分にいいきかせてる)

ほんとうはそうなんだろうなぁ。
いろんな人がいて、いろんな考え方があり。

それぞれ生きてる。

なんだか不思議。

不思議とか書くってことは、私、余裕があるのかな。

どなたかのエッセイか何かで読んだけど、
旅も長期滞在になると日常になるって。
言いえてるなぁ。
結局、朝起きて、ご飯食べて、昼飯食べて、クソして、
夜にはご飯たべて寝る。
人間の基本。
地球上どこへいっても。

でも、旅は人を成長させてくれる何かがあると信じてる。
ただ、そこから何かを感じないとダメかもしれないけどね。

ただ今夏の旅先検討チューなり。

スポンサーサイト
2007-05-29

個性的な声のシンガー

実はとっくに聴いてたの。

MACY GRAYの新譜

Big Big
Macy Gray (2007/03/27)
Universal/Polydor

この商品の詳細を見る


最初聞いたとき、私はちょっととか思ったので、
UPする気もせず。

何度も何度も聴くと良いアルバムだと思う。

歌詞がすごい。

自立した女性。

愛想をつかした男へのメッセージと、
好きな男への愛のメッセージ。
子供への愛。

残念ながら、私は弱い人で、メソメソ人間なので、
すごくMACYの強さがうらやましい。


久々のTOM WAITS
今は
Blue Valentine Blue Valentine
Tom Waits (1990/05/11)
Asylum

この商品の詳細を見る

聴いてる。

強烈な個性の声の持ち主。
チョーしゃがれ声。

上のMACYもそうやけど、シンガーに向いてないような声だけど、
(どこに価値観を持つかってことだけど)
人の心を揺さぶる声。
素晴らしいです。
きれいな声だけが素晴らしいわけではないという証明のような。















これ、書こうかどうしようか考えたけど、
コレは私の個人的な毒吐きブログだから。

話題の某政治家はなぜ命を絶ったのか??????

死んだ人を揶揄してはいけないかなとおもいながら。

なぜ自ら死を選ぶの??

みんな何かしら持ってるのだ、
心の中に。

悩みも不安も。

だけどそれと戦ってるんじゃないのかな。

私もいっぱいあるよ。
自分の非もあるので、偉そうには書けないけど、
私も少しだけ戦ってるのだ。
心の矛盾と不安と悩みと・・・・いろんなもので頭がごっちゃになりそうなくらい。
(気がついてる人がいても、その辺の詮索はしないで・・・祈)

ってか、汚い言葉だけど、死ぬくらいだったら、
もう少しキレイな政治家でいてよって。

子供っぽい言葉で申し訳ないけど、
今の政治家って、票取りばっかりで本当に嫌気がさす。

某女子の父に出馬要請とか、
意味ないやん。
名前が知れてたらいいのか?????
意味がわからん。

あほらしいわ。

もううんざりやわ。




2007-05-28

銅版画家「菊池伶司」さん

たまたまつけたテレビで新日曜美術館で見た菊池伶司さんという版画家を見た。

なかなか面白かった。

好きです。こういう作品。

考えてることも「なんとなく」わかる「部分」もあった。

といっても私はそこまで”ナイーブ”ではありませんけど。

私は冷たくて、現実的な人だから。

でも、銅板が溶けるさまを自分が溶ける??さまと重ねる様子は
なんともわかりにくいけど、感じるものがありました。

でも、こういう抽象的な作品を言葉で解説するのって難しいなぁと思った。

言葉にすると違うっていうか・・・

絵って内にこもるものだから、
実は描いているものにしかわからないんじゃないかと。

映画はストーリーがあるから人それぞれ感じ方が違えど、
理解しやすいけど、絵って本当にその見る人によってまったく違う考え方ができるのが魅力。

ってか、今、新日曜美術館のHP見てたら、
渋澤龍彦さんの展覧会が・・・

嗚呼

見たひ。

これから見れる、
札幌、横須賀のみなさま
うらやましいっす。

2007-05-26

パッカー旅きっかけ本

今日、用事があって新しくなった図書館へ。

そこで、懐かしい旅行本(雑誌)と遭遇。

欲しくなったのだけど、書店ではなかなか手に入らないので、
直接HPで申し込んだ。

それを見てて思い出した。

私がパッカー旅が好きになったきっかけ本。

河童が覗いたインド 河童が覗いたインド
妹尾 河童 (2000/12)
講談社

この商品の詳細を見る

私が買ったのはこちら↓の装丁のだった。
河童が覗いたインド 河童が覗いたインド
妹尾 河童 (1991/03)
新潮社

この商品の詳細を見る

「だった」というのは、
私のうちにあるこの本は
CIMG1193.jpg

もう表紙がないから。
河童さんってすごいのよね。
CIMG1194.jpg


こんな風に、イラスト、文字も手書き。
感動した。
20070526220233.jpg

コレを読むとインドに行きたくなります。
死も生も何でもありのインド。
旅行するには大変だけど、今でもきっと変わってなくて、
生とか死とか小難しいことなんてどうでもよくなっちゃうんだろな。
河童さんごめんなさい、勝手にUPしちゃって。
アマゾン貼ってるから許してくださいぃ~

*********************************

ってか、ただ今落ち込み中。
時々やってくるアリ地獄のようなこの気分。
理由はわかってるんだけど、書けない。
月一のモノとかそういうことではなく・・・・

誰か私を救ってという感じ。

***********************************

私は嫌なことをなるべく忘れるように、考えないように前向きにして生きてるつもり。
それではダメだという時もあるのは事実。
私って逃げてるんだと思う。
でも、そうでもしないと立ち直れないんじゃないかと思う時もあるから。

忘れるよう・・・ということは実は裏返しで、
ものすごくいろんなことを覚えてるということなのだ。

**********************************
母子殺害事件の被害者の残された旦那さんも、
忘れようにも忘れられないんだろう。
一生。
早く彼を救ってあげて欲しい。

弁護団には被害者の気持ちなんて一生わからないんじゃないか?

ほとんどの人がそうであるように、
私にもなぜあのような弁護をしたのかどうしても理解できない。

被害者の気持ちを逆なでするような。

そういう人間って必ずいるんだよな。
悲しいけど。
明日、いや10秒後いや、1秒後に笑ってるかもしれない人の笑顔を消すことは誰の手でも出来ない。
絶対。













2007-05-25

アゲハチョウ

気づくことって簡単なようで、
なかなかできないもの。

なんてことのない日常が幸せだと思えるとき、
気づくことが出来てよかったなぁとおもう。

虫嫌いの人は見ないでね。

ちょっとオタっぽいかもしれないけど、
うちの小さなみかんの木には毎年アゲハチョウがやってきます。
大量につくので、いつもそのみかんの木の葉は虫食いです。

去年はそのみかんの木が虫食いすぎてうまく葉が育たなかったのか、
蝶が全然きてくれなかったのです。

今年はたくさん!!
嫌がる人も多いけどね。

虫の観察って結構好きなのです。
だからオタっぽいってか?

子供を公園につれてった時とか、
何気にアリなぞを観察してるとすごく面白いし、
その一生懸命さに感動したりいたします。

今まで虫嫌いだったムスコが、
学校にアゲハの幼虫を学校に持っていくことで、
自分自身も興味を持ったらしく、
虫かごに入れて観察中。

アゲハって、生まれたてから少しの間は
まるで鳥のフンのよう。

それからは、大きな目のような模様をもった青虫へ変化。

その自然の有り様に感動したりするのです。

観察してると面白い。

寝てるように見えるアゲハは、
犬が夢を見てブルッっと震えるように、
ぶるっと動いてたりするのです。

と思ったら、ものすごく食欲旺盛。

初めてアゲハのトイレシーンを見たり。
その家の虫かごに入れられたアゲハの幼虫君たち、
狭い我が家に6匹も入れられてます。
アゲハ密度高いやんって。
だもんで、ぶつかりそうになったりするんですよねww
20070525225013.jpg

お互いに確認しあって通り過ぎたりしてますww
20070525225039.jpg


自然のすごさに感動。


2007-05-24

映画「ラブ・アクチュアリー」

私にしては「やわい」選択やね。
ラブ・アクチュアリー ラブ・アクチュアリー
ヒュー・グラント (2006/04/01)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る

ラブストーリーって嫌いじゃないんだけど、
最近の海外物も含めアイドルっぽいのが目に付いて。
そういうのは好きではないので、つい敬遠してしまうのだ。

今回はコリンファース、キーラナイトレーがらみで。

コリンファースって、こういう
ちょっと不器用そうな男役ってほんとはまる。
すごくステキ。

しかしヒューグラントも変わったねぇ~
ラブソングができるまでの宣伝見ても、
吹っ切れたのねって。
ドリューバリモアは好きなので、DVDになったらww見ようかな

しかし思ったのが、
よく言われる、あくまでも世間で言われるなんとなくのことで、
私自身が言ったわけではないよ!!!・・・の、
「英国人は○スが多い」っての。

この映画でもその辺が(汗

決してキレイじゃない人たちばっかで、
逆に親近感が嗚呼野村満載万歳。
ああステキ。

話し的には私にはちょっと愛があふれすぎてて、
いい人ばっかすぎ?とかおもっちまうが、
悪くはないです。
もう一度見ようとは思わないけど、
ホノボノする映画でした。

ちょっと私にが足りないことを思い
出させてくれるのだった

いと悲し

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

2007-05-21

Tシャツ買ったのだ

地味なてぃーしゃつです・・・・・・・
なんつて。
CIMG1178.jpg




派手や~ちゅーねん。
地は紫やっちゅーねん!!!

出所を書くと、
履歴を追われると恥ずかしいので、かくしておきますww
でも、すぐわかる出所。
そのこチミ!!履歴を追わない!!!!(チョー重要)

ジミ大好きです。
レコードもいろいろ持ってます。
昔の音楽好きは一度は通る道かもしれません。

でも、ジミ"変”ではありません。

私の中ではジミはジミです。
じみへんやないでぇ~!!!!!(主張)

マクドナルドをマクドと呼ぶ感覚でのジミヘンは同じ関西人としても
どうしても許せませんww

しかし、関西系の短縮後はなぜかコテコテ系なのだ。
ミスタードーナツもミスドやもんね。
でもミスタードーナツはミスターとかでもおさまりつかないし。
最初が大阪だからなのね、ミスド。
恐るべき関西力。
でも、最近のテレビの影響ってすんばらしく大きく、
うちの子供は、(下のもうすぐ3歳児は)やっぱりマックと呼んでます。恐るべきマスメディア力。
がんばれ関西力。関西力というか、全てが統一されたような考えになっちまうこの世に怖さを感じる今日この頃なのであります。
まけるな少数意見!!ww

他に、クリームとか、マニアックなTシャツを考えたけど、
Tシャツみたいに、メッセージ性のある着物は、
わかりやすいものがいいだろうと(爆
通りずぎる人で、ジミを知ってるような人が、
「おおジミ(ヘン)やぁ~」と心の中でつぶやいてくれるよう(祈

ロックとブラックミュージックの融合な音楽は大好きです。

ジミはもちろん、ドレッドヘアを胞子菌の様に振り回し、ライブをやってた頃のレニークラビッツとか、ファンクといわれるスライも。

ちなみに今のBGMはスライ&ザ ファミリーストーン。
暴動(紙ジャケット仕様) 暴動(紙ジャケット仕様)
スライ&ザ・ファミリー・ストーン (2007/05/02)
Sony Music Direct

この商品の詳細を見る


死んだんじゃないかと噂されてたスライが、
去年だったか??グラミーだった???かに登場してショックだった。
生きてたのはうれしいけど。
ってか、生きてたとわ。

いろいろ検索してたら、某巨大掲示板にて
スライの話題が続いててマジビツクリ。
みんな、見てるところ細かいちゅーか。
某アイドルクンがPファンクってのに笑った。
そっか、そうか~すごくほほえましい。
高感度ますぞ!!
なるほどなぁ~
がんばれPファンク君!!(意味不明)

スライのTシャツほすい。

作ろうかと計画中。

個人で楽しむので著作権ひっかからないよね。
シャツから縫う予定なので世界にたった一枚だぞ!
イヒヒ

そういえば昔よくそういうことをやったなぁ~(遠い目)
なんだかいつまでもテンションの変わらない私なんだわ。

今日のツブヤキでした。
さ、映画みるぞっと。
*************************
今日の一言。
ムスコへ
「あなたは私のナイチンゲール」

・・・・・・

意味は個々オカンガエください。



嗚呼


こんなこと書いてるから

引かれるんだわ。

って、私はいたって普通の女性ですから。

うふふ(謎)
ってかワイン1本開け中につき、
こういう状態であります。
明日になって恥ずかしいことになっておろうと、

・・・・・・・・・・ま、これもワタシ、チューとで。

夜露死苦

ってか死で、苦じゃないといけなかったのかな。
当時のヤンキーは。。。。ww
2007-05-19

映画「マーダー・スライドショー」

ホラー映画は基本的に好きではないの・・・
特にスプラッター系は。
だけど、昔好きだったバンドの一人が監督だっていうのを知って
見たくなった。

監督「ロブ・ゾンビ」
元WHITE ZOMBIEのメンバー。
マーダー・ライド・ショー SPECIAL EDITION マーダー・ライド・ショー SPECIAL EDITION
シド・ヘイグ (2005/01/28)
アートポート

この商品の詳細を見る


こんなアルバム作ってた。
私が持ってたのは1stだったかな?
これって1st?
わからんなぁ~もう。
私が持ってたのは緑のジャケットだったが。
セクソシスト~デヴィル・ミュージックVOL.1 セクソシスト~デヴィル・ミュージックVOL.1
ホワイト・ゾンビ (2006/05/17)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る


私が大人になったってことみたい。
こういうセンスってわかるんだけど、
もう私はついていけない人になってたわ。

わかるのよ、わかるののよ、この世界。
グログロ、エロ。
頭のおかしい狂気な家族のスプラッター映画。
ロブゾンビの好きなものばっか。
内容は一切なし。
グログロだいすき、すきすき~ってやつ。

でも、もうだめだ。

現実に笑えない事件が多すぎて。

だからこういうものはダメとか言うのも違うんじゃないかと
思ってきたけど、
これだけ現実と非現実をごっちゃにする人が増えると、
こういう刺激の強すぎるのを見るのはどうか・・・
と思ってしまうわけです。

考えすぎると、ミステリーでさえ読めなくなるかもしれない。

ちょっとダメかも、これからの私には。

2007-05-18

映画「プライベート・ライアン」

当分戦争映画は見ないようにしようと思う。
プライベート・ライアン プライベート・ライアン
トム・ハンクス (2006/07/07)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

いろんなの見てたら、
私の内にこもる部分が心の中でどんどんふくらみそうで怖い。
書きたいことは山のようにあるけど、
控えてこう。

こういう派手な映画を見て、
戦闘シーンがかっこいいと思うひとはたくさんいるんだろう。
そういうのは私はだめだ。まったくダメ。
映画的には、理由付けが甘いとかいろいろあるし、結局、かっこよく描きすぎって感じは否めない。

映画を見て戦争を見てみようっていうのも違うんだろうけど。

書きたいことは本当にたくさんあるんだけど、
やっぱりやめておく。
どう書いても誤解を生みそうだから。

とりあえず続けて戦争ものを見るのもやめておく。

でもやっぱりこれは書きたい。

その人ってその人でしかない。
1万人生まれようが、1億人生まれようが、
その人はその人でしかない。

そこ。
あなたはあなたでしかない。

最後まで一生懸命に・・・

なかなか自覚しにくいけど。

残虐な事件も戦争も結局は同じ。
小さいことも大きいことも同じだよなって思うことと同じ。

甘いって言われるかもしれないけど、
明日、1分後、1秒後に笑ってる姿を見ていたい。

他の人が消し去ることは出来ない。
死んだらおわりかな。
これって甘いのかな?
あ、戦争映画の感想ですから。





theme : DVDで見た映画
genre : 映画

2007-05-14

アニメ「パーフェクト・ブルー」

レンタル屋においてあったのに,パプリカ関連作品とあって、
パプリカってのが、御大筒井康隆原作だったので気になってた。
ハナシはパプリカとは関係ないけど借りてみた。
PERFECT BLUE PERFECT BLUE
竹内義和、 他 (2003/12/21)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

感想は普通。
キライとか悪かったとかじゃなくて。
普通に面白かった。
何が普通って、これをアニメにする意図と意義ってこと???
私は評価いたします。
以下ネタバレ含む。

アニメの可能性、
普通に実写でもできる話しをアニメで表現するのってどうなの。

幻想、幻覚の部分は、アニメだからできる
なんとなく、何??みたいな気持ちになる部分。
確かに実写でも普通にできる。
突っ込みどころもいっぱいある。
でもその部分はアニメというファクターがあるので
私的には違和感なし。
アニメは嫌いじゃないし。
逆に、もし、日本の映画で、
このストーリーで、作りで、実写で・・・・って考えると、
私にはつらい。

とりあえずキャラがかなりキモイ。
キャラは江口 寿史さんなんだって。
私は、江口さんの「ストップひばりくん」世代?で、
大好きだったものなので、ちょっと懐かしい。
ヒラメ顔なのもww

ホラーミステリーサスペンス。
オチあり。
何も考えずに、キモイなぁ~ってオチを気にせずにみると
普通にホラーチックで面白いと思う。

とりあえず他の作品も見たい。
明日借りにいこっかなっと。

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

2007-05-13

映画「プラトーン」

ディアハンターを見てから
ヴェトナム戦争関連が知りたくなり、
今、有名某ヴェトナムレポ本読んでます。
(またUPするけど)
レポなので、いまひとつわかりにくいので、
今まで避けてた戦争映画を。
何を見たらいいのか悩みつつ、初「プラトーン」
プラトーン 特別編 [MGMライオン・キャンペーン] プラトーン 特別編 [MGMライオン・キャンペーン]
チャーリー・シーン (2007/01/19)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

私が思ってたのとは違った。
正直、これは私には違う。
オリバーストーンの経験らしいけど、そのまんまやね。
実録。
私が求めていたものとは違う。
なんなんだろ

実践ベトナム戦争っていう感じだからかな。

アメリカの人はこれをどうみるの?

ちなみにウイレム・デ・フォーは好き、私。
今では大物俳優がゴロゴロでてるのは面白い。

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

2007-05-13

ライブに行った

生はいいね。
あ、なんかエロっぽい。

15年ぶりくらいに、とあるバンドのライブへ行った。
生=ライブはいいなぁ~

子供も連れていってやった。
本人にも言ったけど、こんなハードなライブに行った小3年なんて
キミだけだぞっと。
学校中でただ一人であろう。
何事も経験や。
いろんなことを体験し、見、聞き、感じ・・・・
それが血となり肉となり、
キミの人生の助けとなるのだぁ~っと私は信じている。
これ本当。
あれもダメ、コレもダメではダメだ。
本人も面白かったそうで。
ま、とりあえずはエガッタエガッタ。
これからドンドンいろんなライブに一緒に行ってもらおうと
心に誓った私でありました。

でも私自身は脳内矛盾を感じて今。

家で飲みなおしの今。

私の人生は矛盾との戦い。
う・・ん、人生じゃないか、脳内。
頭の中。

このことは書こうか悩んだけど、
勢いで。
今気分いいし。
でも、他人にどうこうとかいう日記ではなく、
だから今日はなんのことかわからない日記にて。

ってか、このブログとメインを含め、私のこと個人的に知ってる人もたくさん読んでるから時々書きたくても公にできなく。
発散ブログなのに。
みんなスルーだから。
ま、いいけど。
だからって私を変態扱いしないでね。
だはは。

持続も美だと思った。
持続っていうのも脳内矛盾のひとつかもしれないけど。

私は、この年だからとかで収まってしまうのはキライ。

私は自分の脳内の声に従って生きたい。

好きなものは好き。
かっこつけるのもキライ。

こういう人でよかったと思う。
自分で自分をほめるとはこのことだ。

ようやく、だいすきな音楽に浸れる今日この頃。
とはいえ、いろいろ頭を痛めることはあるんだけど。
すべて忘却という名のもとで。
そのハナシは別で。

続けていくことって本当に大変だと思う。
美だと書いたけど、違うんだとも思う。
でもそれも美でもいいんじゃないかと。
ある意味。

生きることは死ぬこととイコール。
少し前に見た映画「ワイルドバンチ」のキャラと同じで、
何が自分を昇華させるのか。
それは死ぬ前にしかわからない。
自分が満足する人生を。

やらなくて後悔するより、
死ぬときに後悔しない人生を。

もっと音楽も楽しもっと。

今日のBGM:
イスラエルの女性ミュージシャンのCD。
意味が直接わかりにくいけど、かなり脳内に来る一枚。
いちどお試しを。
Dissected Dissected
Meira Asher (2005/06/21)
Crammed Discs

この商品の詳細を見る

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

2007-05-10

映画「プライドと偏見」

じっくり考えすぎると偏ってしまうので、
時々は手に取ったものをあまり考えずに。
とはいえ、公開当時、見たかったものなんだけどね。
プライドと偏見 プライドと偏見
キーラ・ナイトレイ、ジェーン・オースティン 他 (2006/11/30)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る

普通によかったぁ~
こういうの好きなのですよ。
「若草物語」+「キャンディキャンディ」+「ブリジットジョーンズの日記」っていうかんじ。
「ブリジットジョーンズの日記」は好きだったのに、
これが本当に「高慢と偏見」がベースになってるってことに気がつかなかった。でも似てるなぁって思ったけどww

みかけは高慢だけど、うまく自分を出せなくて、
本当はいいひとっぽいダーシーってすごく好き。
ブリジットジョーンズのダーシーもすごく好きだった~
ちなみにダーシー役のコリンファースも好き。

今回のダーシーも好きだわ~
不器用そうなとこ。
本当にいたらうっとおしいかも?ww
真面目なんだよお~
でも、その初々しいとこがすき。
ま、後追いするほどでもないけど、キャラは好き。
あ、もういいか。

今回の「プライドと偏見」(高慢と偏見)は、
そのコリンファース版のほうが評価が高いよう。
見てないので比べられないけど、私的にはこれも評価高いよ。

主人公のヒロイン役のキーラ・ナイトレー、
以前見た「ドミノ」
ドミノ ドミノ
キーラ・ナイトレイ (2006/11/30)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る


と同じ子には見えない。
こっちのほうがいいね。
意思の強そうな目もいいな。
笑うと崩れる(かわいくない)とこもよい。

ま、確かに、長女は、セリフにあるほど美人には見えないなど
いろいろ思うとこはあるけど、
主人公ファミリーはいい人たちばっか。
お父さんとお母さん、いいねぇ~
いい人っぽい。
あのくらいの人がしっかりしてるから、アイドル映画?っぽくならなくてよかったのかも。
最後のほうのお父さん役のドナルド・サザーランドの泣きそうな顔を見て、ああ、撮影も順調だったんだなという仲のよさは感じた。
それがホノボノさを上げてるのかな。

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

2007-05-09

南アジアのバンドを見る(YOU TUBE)

はまってました。
今、見続けてました。
遅ればせながらYOU TUBE。
お友達んちで、面白いのあるから見てみ~って、
以前、マンガを見せてもらって大笑いしたものの、
それから気にも留めず。

とある大阪のマイナーな日本のバンドを検索してたら
なんとYOU TUBEに引っかかって、
そのままズルズルと・・・・
なんともマニアックなものもゾロゾロと。
ビックラタマゲタでありました。

CD欲しいなと検索してたのに、どんどん違う深みに。

嗚呼、ヤバイヤバイ。

私の興味って、ひとつのところから、関連、関連と行くので
底なし。

今回は、なんと懐かしの
アパッチインディアンのCDから。
なんでアパッチ?ってカンジっすかね?
まあまあ。

もういろんなミュージシャン見ちゃったよ。

かなり面白かったのが、私のブログでたびたび出てくる国の名前。
ネパール。
ネパールのバンド。
昔、旅行したとき、カセットを買った、地元民バンドのPVを見た(爆)
いまだに田舎くさかったが、PVが見れるなんて
すごい世じゃ。

特定の人にしかわからないけど、
デス、コア系バンドも見た。
ま、カノ国だったらこういうバンドもアリなんだろうね。
普通の感覚ではびっくりされるかもしれなけど。

インドのオルタナバンドも見た。
15年くらい前からチョコチョコ出てきてたので、
驚きはしない。

昔、アジア系のロックバンドのミニコミなんて作れたらいいなぁ~なんて思ってて、旅行中にいろんな人に聞いては
バンドと接触してみたりしたもんです。
モンゴルでは、おままごとのようなインタビューまで、
タイではライブ見に行ってご馳走までしていただいたりして。
みんなどうしてるんだろうなぁ。
今だったらネットで出来るんだけど・・・

馬鹿な私であった。

世界中で、中国の人とインドの人だけは自分たちのスタイルを変えず、
どこの国でも生きられるのじゃないか?
なんてハナシを昔友達とよくしてたけど、
時代の流れも変わっていくのですよね。
とはいえ、彼らの根底(特にインド系)の音楽感覚って
一生かわらないラガ気質な気がするわww
2007-05-08

眉村卓「ねじれた町」

どの方面へ転ぼうか悩みつつ、
子供の本を選んでるうちに、自分も子供向け物が読みたくなって・・
眉村卓さんです。
ねじれた町 ねじれた町
眉村 卓、緒方 剛志 他 (2005/02)
講談社

この商品の詳細を見る

私が読んだのは、ハルキ文庫(絶版なのかな?)のものだけど。

子供にはやっぱりこういう奇想天外なものをたくさん読んで、
想像力を蓄えて欲しいと思った。

今の私が読むには少々荒っぽくって、無理やりなSFにも感じなくもないけど、子供のときに読んでたらきっとはまったと思う。

奇想天外の例題みたいなお話し。

子供には少々わかりにくい設定でもあるけど、
この奇想天外さを想像しながら読む。

想像力って大人になっても生きていくうえで役にたつのではないかと思う。
だって、何かにつまずいたときに、違う道(選択肢)を選ぶことの手伝いになると思うから。

この間,本屋さんで、イマドキな若干ロンゲの制服の高校生の男子が文庫のところで本を物色しておった。
なかなかかっちょ良いと思ったねぇ~。
ガリベン(死語)ちっくじゃないとこがよかったね。
ドンドン読めよ、若者よww
こういう男子をかっちょよいと思ってくれる女子がもっといてもいいのになぁと思った。
女子も本を読まないもんねぇ。

いろんなことにも、かっちょわるいと思われることが、かっちょよいされる世になればいいな。

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

2007-05-05

京都の古書即売会行ったよ

毎年行ってる「京都古書即売会」
今年も春から行きました。

春は京都市観業館。
室内でラクラク~

かと思いきや、いつものコッテス。
うちのチビどものグズグズ。
チカレタビー
目当てだったものは1冊も見つからず、
今回の収獲はこちら↓
CIMG1145.jpg

積読(つんどく)が山ほどあって、
最近は寝る前読書じゃなくて寝る前映画なので
まったく時間が取れず。。。。。
いつ読めるのかなぁ(汗)

映画はそうでもないんだけど、
本は私のなかでの読む時期ってあって、
そのとき読みたくて買っても時期を逃すと熱が冷める。
今読みかけの本の前もそれで、
読んでも気がのらずギブアップ。

たっまていく本たち・・・・

無理やりつれてきたムスコが買ったのは「かいけつゾロリ」
もうゾロリっていう年齢でもないだろうにともおもいつつ
ご褒美としてだから仕方がない。

春の室内の古書市は、子供の本が極端に少ないのでガックシ。
夏の下賀茂のときは児童書コーナーががっつりあるので
いいんだけど。
そのかわりめちゃくちゃ暑い!!!!!!!

今回買ったのではなく、
以前買ったもの。
CIMG1148.jpg


怪人二十面相 怪人二十面相
江戸川 乱歩 (2005/02)
ポプラ社

この商品の詳細を見る

きまぐれロボット きまぐれロボット
星 新一、和田 誠 他 (2005/06)
理論社
この商品の詳細を見る

かつて私が好きだったものと、
私が好きな作家。
単純な薦め方ですww

星新一さんは子供もいけるだろうっ!と思ってたけど、
大人用は子供にはつらい。
と、子供用に直したものを発見。

乱歩は、コナンを時々見るので、
そのイメージでつかみやすいかなっと
乱歩を薦めてみました。
1巻をようやく読み終えたムスコ。
かといえ、国語力の弱い彼(算数と理科がすきだそうだ)
面白かったのかそうでもなかったのか
わかりにくいやつです。

ちなみに「デルトラクエスト」も読んでるけど、
集めたいようなので、今、ストップ中。
一部を図書館で借りたけど、やっぱり欲しいそうだ。
新刊で買ってられないよなぁ~ってのが理由でして。。。

そんなムスコの誕生日ももうすぐ。
去年、サンタさんにもらいそこねたDSが目当て。
お高いとおもいつつ、
半年待ったし、宿題もよくやるのでご褒美。
って思っても、このDS探しが面倒で手付かず。
どこも品切れか抽選だって。
たまたま時間つぶしに入った大型スーパー内の電気屋で
偶然見つけ、目を疑いながら確認。
あっさりゲット。
最近生意気なムスコにこのままあっさりくれてやるのは悔しいので
2週間くらい隠しておいたのだぁ~だはは。

しかし、このDS探しで気になったのが、
任○堂の策略??
品薄なんてうそでしょ??
(決め付けてしまうけど)
何かというと懸賞の品の1位にDSライトが。
プレゼントに出すほどあるなら普通に出荷しろよってな。
値段がぐっと下がってしまうとかあるんだろうけど、
大手なのに大人気ない気がするな。
2007-05-05

映画「ワイルドバンチ」

少し前に見た「ガルシアの首」監督、サムペキンパーつながりで。
ディレクターズカット ワイルドバンチ 特別版 ディレクターズカット ワイルドバンチ 特別版
ウィリアム・ホールデン (2005/07/29)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る


次に見ようとおもってたのだけど、
この間見たのが「ディア・ハンター」今日が「ワイルドバンチ」だと
ちょっとヘヴィでおなかいっっぱいってセレクト過ぎました(汗

今ではちょっとここまでドンパチものは作れないよなぁ。
ネタバレ。

一番思ったのは、
かっちょよくもなく、腹も出たような親父がワンサカでてきて
かっこいいのはペキンパーマジックなのかも。
アーネストボーグナインってどっかで見たことあるような・・・
と思ってたら思い出した。
カルロスゴーンとみのもんたさんと後、誰だっけかな・・・・
むちゃくちゃいい表情。
青空を何気に入れてにやっと笑う彼なぞ、日本のコガキメインのドラマとは大違いの出来であります。

時代は西部劇のようで、もう西部劇と呼ばれる時代も終わりかけのころ。
おっさんの友情物語。
強盗団のおっさんたち。
これが最後の仕事にしようと思い臨んだアメリカ軍の銃を奪い、
メキシコ人の将軍に売り渡すというもの。
仲間が囚われてしまい、仲間割れ寸前のときもあったけれど、
やはり仲間を見捨てるわけにはいかないと、
助かるわけのない銃撃戦へと挑む。

仲間4人が歩いてメキシコ人のボスのところへ歩いていくシーン。
若くてルックスがかっこいいわけでもないのに、
とてもかっこいい。

「ディア・ハンター」を見た後なので、何気にアメリカの歴史的な部分をも考えながら見ることも出来ました。
銃社会となっていくアメリカ。

寿命がつきるまで生きるのではなく、そこで終わるとわかっていても
自分が満足だったらよしという。 
主人公のW・ホールデン、本当は、心を許せるような女性がいれば、
もう今すぐにでも足をあらいたかったのだろうね。
その弱さが、致命傷を受けた弾が背を向けた女性から撃たれたものだったというのがなんだか皮肉だったな。

ただ普通に見たら銃撃戦もえぐいので、
今では顔をしかめる人が多いと思う。

メイキングを見たらペキンパーが娯楽を追及してた姿勢も見えて救いだったかな。

女性蔑視という書き方もよく見るけど、
私は娯楽としてみるのでそこまでは感じなかったな。

ま、いつも思うけど、確かにえぐい。
あの描写はえぐい。
でも、こういう映画が娯楽だったぐらいがよかったんだと思う。
今の世のほうが怖い。


2007-05-04

映画「ディア・ハンター」

デ・ニーロが見たくて借りました。
ちょうど憲法記念日だったからというので戦争映画を意識したわけではありません・・・・
ディア・ハンター ディア・ハンター
ロバート・デ・ニーロ (2007/06/14)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る

私はヴェトナム戦争にも、戦争自体にも、ダメかもしれないけど、
知識は普通くらいしかない。
気にはかけてるけど、知識というと少ないし、普段はあまり気にかけてないのが事実だとおもう。
だから、知識はないけど、気持ちはある感想。

戦争映画はほとんど見ないです。
サスペンスやホラー、ギャング映画など怖い映画は見るけど、
戦争映画は苦手。
なんだかリアルで。

細かいとをいうと気になることはたくさんある。
名作といわれる所以で、余計に気になる。

主は戦争の名を借りたサスペンスタッチにも感じる友情映画?。

3時間もあるのを知らなくて、
寝る前に見始めたら、いつ終わるの???ってくらい長い。
みんなが思うことだろうけど、前半の仲間を強調した描写が
やたら長い。

でもあれを超えるとローラーコースターのように内容が進んでいく。

その差を描きたくて、かれらの気持ち、本当は戦争に行きたくないということをじんわり観客に訴えるためにあれだけの時間をさいたのかな。

ロシア系アメリカ人っていうのを強調してるもの、
移民国家。。。ああ、これがアメリカの根底にあるんだって気がした。
出兵する一人の親なんて移民して間もないのか、
ロシアなまりの英語だし。
戦後、療養のために居た病院で、ロシア人かと聞かれ、
アメリカ人だと答える。。。

ロシアンルーレットはダメだったねぇ。
きつすぎる。
まともに見れなかった。気分悪くなって。
特に最初の、ヴェトナム側につかまったデ・ニーロ含むアメリカ人捕虜。
緊張感ありすぎる。

監督の意思がわからないけど、確かにあれではヴェトナム人が一方的に悪い描き方をしているように捉えられてもしかたないね。

正直どういう感想を書けばいいのか結構悩む作品かな。
どこをどう書けばいいのか、うまくまとめられない。

お目当てのデ・ニーロは私にはダメだった。
友情を何よりも大切にする人のようだけど、
何せ表情に乏しい。
抑えた性格で、うちに秘めたものを持っているというにはクールすぎた。しかしそれが悲しい映画なのにどこか冷めたように感じるのかも。
もっと熱いタイプや人間くさい人物だったら、
もっとお涙頂戴になったかもしれないな。

若いころのメリル・ストリープはよかった。
でも、もう2度と見ることはないだろうなぁ・・・・



theme : DVDで見た映画
genre : 映画

プロフィール

chillys

Author:chillys
いろいつぶやいてます

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。